CHANEL チェーンショルダーバッグ 染め直し 色修復 革当て修理

Pocket

こんにちは。過ごしやすい季節になりました♡

お弁当持参でのハイキングも楽しそうですが、バッグや着物などの陰干しにも良い季節です。(湿度の高い雨が降った日やその前後は避けてくださいね。)

バッグは、内側のほこりなどを丁寧に取り、必要な場合は革の保湿をして、日光の当たらない風通しの良い部屋で、半日ほど干し、その後型崩れしないように詰め物をして保管します。

この時の詰め物は、新聞紙もおススメですが、直接入れますとインクの黒ずみが移りますので、白い不織布や薄紙で新聞を包みましょう。

日陰干し前に、革が乾燥しているようでしたら、革用の保湿クリームを柔らかい生地に塗り、生地に馴染ませてから、その生地でバッグを優しく磨いてください。

直接クリームを塗りこみますと、シミになったり、クリームがのびずにまだらになったりすることもございます。また、マトラッセなど、ふっくらとしたキルティングの沈む要因にもなりますので、付けすぎにご注意いただければと思います。

 

最近のご依頼で、ご家族のご紹介が増えてきています。

娘さんのバッグの仕上がりを見て、お母さまからご依頼いただいたり、仕上がりに満足頂いた息子さんからお母さまをご紹介いただいたりと、ご親族でご依頼いただく嬉しい繋がりができました。他にも、ご主人のバッグの仕上がりを見て、奥様よりバッグのご依頼を頂いたことも何度もあり、ご家族でバッグやお財布を何度もメンテナンスしてお使い続けて頂いていることに、感謝と嬉しさでいっぱいです。ありがとうごさいます♡

 

今日は・・・

全体色修復しておりますが、角擦れの革当て修理箇所と色修復のみの仕上げのお紹介です。ビフォーアフターの写真を見て、ご依頼いただくことも多いので、ご参考になれば幸いです。

 

BEFORE

上のBEFORE写真 角のスレは、『革当て修理』後に色修復しました。仕上がりは、下のAFTER写真です。範囲が広く深い革切れは、中のパイピング芯が出てきてしまいます。革当て修理をすることで補強されました。

AFTER

 

さて、違う角度から・・・

 

BEFORE

上のBEFORE写真 角擦れは、革切れが無い状態でしたので、色修復のみで仕上げました。

AFTER

シャネルマトラッセの黒革色修復は、当社の艶やかな黒い仕上がりが特に自慢の仕上げです。黒色は、手軽に色を入れられるように思われがちですが、これが意外に奥が深く、仕上げに差が出ます。宜しければ、是非一度ご依頼くださいませ。

スマイルリペアセンター
〒400-0113 山梨県甲斐市富竹新田470-7
TEL:055-279-7303
営業時間:9:30~18:00(土曜、日曜、祝祭日除く)
Pocket

CHANEL BAG シャネル チェーンバッグ 色修復 メンテナンス 擦れ修理

Pocket

こんにちは。

昨晩は、中秋の名月を見るのをうっかり忘れてしまい、残念な気持ちです。

ニュースや新聞での映像で思い出した次第です・・・皆様はご覧になれましたか?

 

今日は、「シャネルチェーンバッグのフチや角擦れの色修復」です。

今回のバッグの作業手順は・・・

①エアーで汚れや内部のほこりなど吹き飛ばします。

②表面の革を丁寧にクレンジング

③オゾン除菌後

④色修復・保湿

革の乾燥がかなりありましたが、保湿効果のある資材を使用したことで艶やかな仕上がりになりました。

新品に戻るわけではありませんが、現状の革をできるだけ潤わせる仕上がりを目指し、メンテナンスしています。

色も何回かに分け、定着具合を確認しつつ作業を進めます。

その革に応じたスレの処理、色の重ね方、適した資材を使い分ける事が綺麗な仕上がりにつながります。

あと、忘れてはならないのは、『大切に扱う気持ち』ですね♡

修理の仕上がりも勿論ですが、お客様への対応、お預かりしたお品物の扱い方など、安心してご依頼いただけるように、従業員一同日々心掛けております。

今回も仕上げ後に検品を済ませ、丁寧に梱包しお客様の元へお返しします。

ベーシックケアのメニュー範囲で対応可能な擦れでしたので、写真をご覧いただき参考にしてください。

BEFORE

AFTER

今回ご依頼いただいたお客様からも心温まるお礼のメールを頂き、職人達の励みになっております。ありがとうございます。

これからも技術、対応力など向上心を忘れずにお仕事にあたらせて頂きますので、どこの修理店に出そうかお迷いの方は、ぜひご依頼ください。


スマイルリペアセンター
〒400-0113 山梨県甲斐市富竹新田470-7
TEL:055-279-7303
営業時間:9:30~18:00(土曜、日曜、祝祭日除く)
Pocket

CHANEL マトラッセ チェーンバッグ ベージュの色染め おススメ色修復

Pocket

日中は、暑い日もありますが、朝晩はだいぶ涼しくなり、秋へ近づいているのを感じます♪ 

今日は、色修復の仕上がりについてです。

革バッグやお財布も、メンテナンスと色修復することで、綺麗になったものを再びお使いいただけます。

ダメージの状態や革の種類・染め方により、革の手触りや見た目が変わるため、変わると思われるものは、お客様に「濃淡が無くなる」「質感が変わる」などの説明をさせていただいています。

とは言え、どう変わるのか気になるところですよね?

革に濃淡があるものは、均一に色が入り、一色の仕上がりになります。

画像で見るとこんな感じです。濃淡が無くなることで、濃いお色に見えるようになります。

薄い色掛けでカバーできるときは、濃淡を残す仕上がりにしますが、

ダメージが進んでいる場合はしっかり色修復します。

多く色を重ねる事になりますと、見た目も手触りも変わっていきます。

この手触りの変化は、硬くなるわけではなく、張りのある感触になり、コーティングされているようなツルッとした感じになります。(うまく伝えられなくてすみません。)

色修復の仕上がりに大きく影響するのが、クレンジングなどのメンテナンスなんです!

ここも丁寧に作業を進め、手を抜きません。

黒ずみや汚れが浸透している場合、クレンジング後も黒ずみが残ります。

あまり強い溶剤を使いますと、革のダメージが進み、シワや革の硬化に繋がるため、メンテナンスをどのぐらいまでするかの見極めが大切です。

メンテナンス後は、色を少しずつ重ねていき、バランスよく仕上げます。

参考までにシャネルのマトラッセ チェーンバッグのbefore afterをご覧ください。

before

after

こんな感じです!

綺麗に仕上がったバッグは、これからも活躍してくれることと思います。

色修復を検討しているお客様のご参考になれば幸いです。

スマイルリペアセンター
〒400-0113 山梨県甲斐市富竹新田470-7
TEL:055-279-7303
営業時間:9:30~18:00(土曜、日曜、祝祭日除く)
 
Pocket

シャネル チェーンバッグ 黒ずみ解消 色修復

Pocket

こんにちは。

最近ご依頼の多い「シャネルのチェーンバッグ」。

ラム革のベージュやイエロー、ホワイトは、汚れや黒ずみが目立ってしまうので、色修復のご依頼が多いバッグです。

黒ずみが浸透してしまっていることが多く、できるだけクレンジングで落とした後に色修復でカバーしていきます。

 

ラムスキンはデリケートな革なので、色修復で少なからず質感や風合いが変わってしまいますが、これは色修復をする限りは避けられません。

でも、黒ずみが無くなり、綺麗な仕上がりになります。

「質感、風合いが変わる」とは、元色より若干濃く感じる発色になり、手触りは、元々吸いつくようなしっとり感のある革が、ハリのある革になるイメージです。

パリパリの硬い革になるのをイメージされるお客様がいますが、そうではありません。(当店では)

少しでもイメージが伝われば♡と思いアップ画像を載せてみます。

どうですか?質感は見た目では分かりませんが、綺麗にしたいなら全く問題無いレベル。

当店の作業方針は、クレンジングでできるだけ汚れを取り除き、ベタ塗りにならない様に塗膜層を薄く薄く数回塗布しつつ見栄えよく仕上げることです。

一番人気の「ベーシックケア」がそれにあたります。

実際どんなことしてるの?と興味のある方は下の文字をタップしてみてください。

ベーシックケアとは?

 

また、ベーシックケアのページにもある通り、お預かり期間中から発送前まで、オゾン室にバッグを保管していることもご好評いただいております。

今回は、そんなシャネルチェーンバッグのBefore-Afterをご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

before

after

黒ずみが解消され、明るい仕上がりになりました!(タッセルのヒモも1本1本塗ってます)

こちらの作業は、ベーシックケア(バッグ本体外側・タッセルの色修復+チェーンの超音波洗浄含む)で、

税込25,300円でした!(状態によって異なります)

まだまだ活躍してくれることと思います(*^-^*)


スマイルリペアセンター
〒400-0113 山梨県甲斐市富竹新田470-7
TEL:055-279-7303
営業時間:9:30~18:00(土曜、日曜、祝祭日除く)
 
Pocket

CHANEL 財布 キャビアスキン 黒 色剥がれ ホック破損 修理

Pocket

ご無沙汰しております。スマイルリペアセンターの小田切です(*^_^*)

ついついブログに載せる写真を撮ったり、パソコンに向かうのが後回しになってしまいます。

でも、お客様はビフォー&アフターの画像を参考にされる方が多いようなので

今日は載せてみようかな~

今日は、シャネルのお財布のホックが片側取れてしまい、修理してほしいというご依頼です。

キャビアスキンの革部分に接着剤が付き、革が剥がれています。

純正ホックはご用意できませんので、当店でご用意可能な一般金具になります。

 

リペア前↓

リペア後↓

リペア前画像で、キャビアスキンの表面が剥がれていましたが、

薄くキャビアスキン柄の型押しが残っていましたので消してしまわないように

気をつけて色を入れました。

できるだけ目立たなくなるように、キャビアスキン柄をなくさないように気をつけながらの作業でした。

接着剤がしっかりと広範囲に付いておりましたので、なかなか苦労いたしましたが、

手をかける分、愛着も湧くのが不思議なものです(^v^)

また大切にお使いいただけると嬉しいです♡

 


スマイルリペアセンター

〒400-0113 山梨県甲斐市富竹新田470-7

TEL 055-279-7303

URL:https://repair-brand.com/

Pocket